テンションコード

コードにテンションを加わえることでサウンドはぐっとジャズっぽくなります。テンションはいわば基本和音を構成する4音(1-3-5-7)の外部にある音群です。基本コードにこれらのテンションを加えたものが、いわゆるテンションコードになります。

ただしテンションはそれぞれのコードの種類に応じて追加できるものがある程度決まっており、でたらめに加えてよいものではありません。

テンションのルール

コードの種類 使えるテンション
メジャーコード 6 . 9 . #11
マイナーコード 9 . 11 . 13
セブンスコード 9 . b9 . #9 . 13 . b13 . 11 . #11 など

テンションコードの覚え方

コードに深みを与え、いかにもジャズっぽく響くテンションコードですが、あるコードに対して追加するテンションを即座に選ぶことや、さらにどのテンションを選んだらいいのか、難しいところです。AフォームBフォームはそういう意味ではそれ自体がテンションを含んでいるため、非常に使いやすいです。まずはこのフォームを覚えてしまいましょう。

しかしより高度なヴォイシング、特に両手でのヴォイシングでは意識的にテンションを追加しなければなりません。そのため、まずそもそもそのコードの9(ナインス)の音は何か、#11の音が何かが即座に分からなければ、テンションコードを効果的に使うことができません。

私はC(ド)の音を基準に考える癖があるためC7の9.#11.13というテンションの音は即座にレ、ファ#、ラであると答えられます。

しかしF#7の9.#11.13というコードを見たときにはテンションはおろかコードの構成音ですら即座に答えることはできません。

しかしジャズではこのような複雑なコードが多くの曲で使われます。この時トライアドという考え方を使えばもう少し楽にテンションを覚えるようになります。

UST(アッパーストラクチャートライアド)

トライアドとは3和音のことです。つまりドミソ、ファラドなどのクラシックでの典型的な3和音を指します。

そしてあるコードの全音上のメジャートライアドの構成音は、そのコードのテンションである9 、 #11、 13の音と同じになります。これをアッパー・ストラクチャートライアド(Upper Stracture Triad)といいます。

例えばCコードの全音上の音であるDから始まるトライアドはD、F#、Aです。いわゆるDメジャートライアドです。そしてその構成音はCからみると、9、#11、13の音となっています。

マイナートライアドを使うこともできます。この場合はCに対してDマイナーはD、F、Aなので、Cからみると音は9、11、13となります。

この考えでいくと、さきほどのF#7のテンション9、#11、13も理解しやすくなります。F#の全音上はAbで、そのメジャートライアドはAb、C、Ebです。この音がF#のテンション9、#11、13となります。