Jazz Scales

スケールとは音階のことで、ジャズ、クラシック共に共通の音階(長調、短調)が使われますが、Alterd、Diminished, Whole-toneなどジャズ特有のスケールがあります。インプロビゼーション、いわゆるアドリブにおいてはこれらのスケールを元にフレーズを作っていきますので、ある程度のスケールは覚えておく必要があります。尚、ここではスケールの音階などを詳しく説明していませんので、各自テキストなどを参考に深い理解に努めてください。

▶︎動画再生リスト【スケール】で確認。

Major Scale

メジャースケールはいわゆる長音階のことで、これから学ぶ様々なスケールの基礎になるものです。音の並びが全音−全音−半音−全音−全音−全音−半音となり、これはメジャースケールならどの音から始めても同じ配列になるので覚えておきましょう。

▶︎動画メジャースケールで確認。

ルート音階
CC-D-E-F-G-A-B
FF-G-A-Bb-C-D-E
BbBb-C-D-Eb-F-G-A
EbEb-F-G-A-Bb-C-D

解説

例えばダイアトニックコードのみで構成されている曲、いわゆる循環コードと呼ばれる進行、例えばキーがCならばC-Am-Dm-G7などで、この時にCメジャースケールでフレーズなどを弾けばアドリブができます。少なくとも変な音にはなりません。個人的にはメジャースケールをしっかり覚えて応用させていくことがアドリブの近道だと考えています。

Seventh Scales

セブンススケールはメジャースケールのうち、7番目の音をフラットにしたもので、こちらもよく使われます。

▶︎動画セブンススケールで確認。

ルート音階
C7C-D-E-F-G-A-Bb
F7F-G-A-Bb-C-D-Eb
Bb7Bb-C-D-Eb-F-G-Ab

またセブンススケールはオルタードセブンススケールなど、いくつか種類があります。ここで紹介したものはいわゆるミクソリディアンモードと呼ばれ、最も基本的なセブンススケールです。

Minor Scales

マイナースケールは短音階で自然短音階(ナチュラル)、和声的短音階(ハーモニック)、旋律的短音階(メロディック)の3つがあります。重要なスケールですが覚えるのに苦労します。ここではCの音階のみ紹介します。残りは書籍などで勉強してください。

▶︎動画マイナースケールで確認。

C音階
NaturalC-D-Eb-F-G-Ab-Bb
HarmonicC-D-Eb-F-G-Ab-B
MelodicC-D-Eb-F-G-A-B

この3種類のうちもっとも利用価値が高いのがメロディックマイナーで、使用頻度が少ないものがナチュラルマイナーです。メロディックマイナーはメジャースケールの3度の音をフラットにしただけなので覚えやすいスケールでもあります。

解説

どれを先に覚えていいかわからない場合は迷わずメロディックマイナーをお勧めします。後述するオルタードスケールはそのルートの半音上のメロディックマイナースケールでもあるためです。

Altered Scale

オルタードスケールはいわばセブンスコードにテンションをたくさん盛り付けて音階として弾くようなスケールです。ドミナントセブンスコード上で、特にマイナーコードへ解決する進行で弾かれます。オルタードとは変化するという意味で、具体的には2度の音を半音下げ、上げ、4度を半音上げ、6度を半音下げるという変化になります。

C Altered scale度数
C-Db-D#-E-F#-G-Ab-Bb1-b9-#9-3-#11-b13-b7

解説

オルタードスケールを用いたフレーズはお決まりのものが多く、どのような書籍にも載っています。それらを覚えて、然るべきタイミングで弾くだけでもかなりジャズっぽくなります。

Combination of diminished scale

俗にコンディミと呼ばれるスケールで、テンションをたくさん含んだスケールになります。半音ー全音ー半音ー全音ー半音ー全音ー半音ー(全音)となり、ドミナントセブンスコード上で使われます。

C comdimの例

このスケールの最大の利点はわずか3種類の形を覚えるだけですべてのキーのコンディミが弾けるということです。以下の組み合わせで、開始音を変えて弾いて見ると結局同じスケールになることがわかると思います。また覚える際にはCから、Gから、Fからスタートの3種類がよいと思います。弾いてもらうとどれも凸型になるためビジュアル的に覚えやすいためです。

3つのタイプ
C-Eb-F#-ACから凸
G-Bb-Db-EGから凸
F-Ab-B-DFから凸

またコンディミはディミニッシュコードを半音でつなげた(コンビネーション)音階ということも一応知っておいたほうがよいと思います。

C dim(赤) + C# dim(紫)=C comdim

解説

オルタードとコンディミはどちらもテンションを大量に含んだスケールですが、どちらをドミナント7th上で使うかは演奏者の選択ですが、この2つのスケールの違いは13かb13かです。よってどちらを弾くべきかは原曲のメロディーにb13を含むのかどうかを参考にするとよいと思います。

Whole-tone Scale

ホールトーンスケール(全音音階)はすべての音の並びが全音であるユニークなサウンドのスケールです。セロニアスモンクがよく使っています。これもパターンが2つしかありませんので覚えやすいと思います。ドレミの側を左岸、ファソラシの側を右岸とすると左岸の白鍵からスタートした場合、右岸は黒鍵を、左岸の黒鍵からスタートした場合、右岸は白鍵を弾きます。理論的にはディミニッシュの要素があるため、これもドミナントセブンスコード上で弾かれます。

紫のパターンと黄色のパターン

Lydian 7th Scale

モードについては後述しますが、メジャースケールの4度の音から開始した音階をリディアンモード(スケール)と呼びます。リディアン7thスケールはリディアンスケールの7度をフラットにしたもので、ドミナント進行しないセブンスコード上で弾かれます。少しややこしいですが、V7は4度進行して(4度上昇)トニックへと解決しますが、bVII7やbII7などはトニックへと解決したとしても、ドミナント進行とは呼びません。こういった散発的に現れるセブンスコード上はすべてリディアン7thスケールで弾いて問題ないと思います。勉強を進めていくと裏コードという言葉を覚えると思いますが、このスケールは裏コード上でもっとも使われます。

青はリディアン、と赤はリディアン7th。いずれも#11の音が特徴的です。

解説

ホールトーンはすべてが全音階ですが、リディアンやリディアン7thスケールはルートから開始して4番目までは全音階です。形が似ているので覚えやすいかもしれません。

Bebop Scale

ビバップスケールはジャズ史においてバップ期と呼ばれる激しいコードチェンジを繰り返す曲が演奏されていた時期に多用されたスケールです。チャーリーパーカーの曲を聴くと雰囲気がわかると思います。スケールは通常は下降系で用います。

ジャズの好きな方なら何度か弾いていると、なんか聞いたことあるフレーズだな、と思うのではないでしょうか。半音を含むため、拍のアタマにコードトーンが置かれるのが特徴です。

タイプ音階
メジャー66-6b-5-4-3-2-1
7thT-7-b7-6-5-4-3-2-1

Gregorian mode

グレゴリアンモード(チャーチモード、教会旋法)は調性という概念、つまり長音階や短音階が生まれる前の音階です。あるスケールの、例えばCメジャースケールのドレミファソラシのドから始まる音階、レから始まる音階など順に名前がついています。とりあえずジャズの基本的なコード進行であるII-V-I上で用いることのでドリアンとミクソリディアンを覚えておけばよいと思います。

モード(C)音階
アイオニアンC-D-E-F-G-A-B
ドリアンD-E-F-G-A-B-C
フリジアンE-F-G-A-B-C-D
リディアンF-G-A-B-C-D-E
ミクソリディアンG-A-B-C-D-E-F
エオリアンA-B-C-D-E-F-G
ロクリアンB-C-D-E-F-G-A

解説

モードには特性音と呼ばれる、そのモードを特徴付ける音が存在します。例えばリディアンならば4番目の音です。これは4番目の音以外はアイオニアンもリディアンも全て同じ音のため、特性音を鳴らさないと違いが出ないためです。

Blues & Pentatonic Scale

ブルースに影響を受けたあらゆるジャンルの音楽で使われる音階で、ロックやポップスでメロディがブルーススケールやペンタトニックスケールから出来ている曲は少なくありません。ブルーススケール、ペンタトニックスケールともにマイナー、メジャーがあるのですが、書籍などでも記載方法が様々です。ここでは最も代表的なものを2つ載せておきます。実際はこの2つのみで十分なことが多いです。

▶︎動画ブルーススケールで確認。

スケール音階
C Blues scaleC-Eb-F-Gb-G-Bb-C1-b3-4-b5-5-b7
C pentatonic scaleC-D-E-G-A-C1-2-3-5-6

解説

ブルーススケールやペンタトニックスケールはとても使い勝手がよく、どのようなコード上であってもブルージーなサウンドを得ることができます。問題はどのような時に使うかということで、プレイヤーのセンスが問われるスケールでもあります。ウィントンケリーなどをよく聴いてフィーリングを身につけましょう。

[ジャズフレーズ]

ここまで基本的なスケールを学んできました。スケールの知識は大変重要なのですが、スケールを知っているからといってジャズのアドリブができるわけではなく、それは別の学習が必要になってきます。以下アドバイスです。

フレーズ集を買う
最も手軽な方法で、ジャズのフレーズをあまり知らない方には入門としてお勧めです。実際巷には溢れんばかりのジャズフレーズ集が売られており、ひとつのコード進行に対して数百のフレーズ例が載っています。しかし譜面から覚えたものは忘れやすく、またジャズのノリを掴みにくい問題点もあります。100種類のフレーズのうち、1つか2つマスターするぐらいの軽い気持ちの方が良いと思います。
耳コピする
時間がかかる方法ですが、ジャズのノリの部分も含めアドリブ練習には最も効果的な方法です。しかし書籍と違い解説などがないため自分自身である程度の楽典の知識、コード進行、スケールの知識を駆使して理解しながらフレーズを覚えていかなくてはならないので難易度は高いです。
成り行きに任せる
アドリブを覚えようなどと意気込まずに自分の好きなジャズミュージシャンの音楽を毎日聴いて、鼻歌を歌ってみましょう。何年かかるかわかりませんが、それっぽく弾けるようになると思います。(私は10年以上かかりました。)

解説

アドリブ(即興、ad-lib)という言葉には何か特別な才能を感じさせる力があります。ジャズのアドリブには才能が関わっているのは間違いないのですが、演奏される音の90%以上は必ず理論的に説明可能です。アドリブしたい、と思われたならまずはフレーズの暗記をコツコツ進めていくことをお勧めします。

PAGE TOP