II-V-I Chord Progression

ジャズで頻繁に用いられるコード進行にII-V-I(ツーファイブワン)があります。II-V-Iを理解することは楽曲の分析や作曲、アドリブにも大変役に立つのでまず優先的に学ぶようにしましょう。II-V-IのヴォイシングはAフォームBフォームを参照して下さい。

ドミナント進行

II-V-Iで特に重要なのはV-Iという流れです。このVはドミナントセブンスコードのV7として用いられます。例えば誰もが知っている気を付け→礼のBGMはC-G7-Cで、このG7がV7です。ドミナントセブンスは不安定な響きを持っており、これがIへ着地する(解決する)流れをドミナント進行と呼びます。またドミナントセブンスはオリジナルの楽譜に書かれていなくても、それがドミナント進行するのであれば奏者が自由に弾くことができます。これはリハーモナイゼーションと呼ぶアレンジの手法の代表的なものです。

ダイアトニックコード

II-V-Iのそれぞれのコードはダイアトニックコードという、そのキーの音階から積み上げられる和音(コード)で構成されます。

例えばCメジャースケール(ドレミファソラシド)という音階のそれぞれの音をルートにして1番、3番、5番、7番の積み上げでコードを作っていくと、それぞれ決まったコードができます。これをダイアトニックコードと呼びます。

1-3-5-7Chord
C-E-G-BCM7IΔ7
D-F-A-CDm7IIm7
E-G-B-DEm7IIIm7
F-A-C-EFM7IVΔ7
G-B-D-FG7V7
A-C-E-GAm7VIm7
B-D-F-ABø7VIIø7

これはメジャースケールのダイアトニックコードですが、赤字のIIはIIm7、VはV7として機能します。よってIをCとするならばII-V-IはDm7-G7-CM7となります。

マイナー系 II-V-I

マイナーキーにもII-V-Iがあります。メジャー系との大きな違いはIがIm7やImM7となること、そしてIIがIIm7-5(IIφ)となることで、IIはマイナーセブンフラットファイブ、もしくはハーフディミニッシュとよびます。このコードもダイアトニックコード由来ですが、マイナー系はやや複雑で、三種類のマイナースケールそれぞれのダイアトニックコードがあります。

自然和声的旋律的
Im7ImM7ImM7
IIø7IIø7IIm7
bIIIM7bIIIM7+bIIIM7+
IVm7IVm7IV7
Vm7V7V7
bVIM7bVIM7VIø7
bVII7VII○VIIø7

この表からわかることは、IIは必ずしもIIφではなく、VもV7ではないということですが、Vについてはダイアトニックコードというよりもむしろドミナント進行という意味合いが強いのでV7として用いて問題ありません。IIについては楽曲中IIm7-V7-Im7というコード進行を見かけることがあり、IIがIIφではなくIIm7である理由は旋律的短音階由来のダイアトニックコードなんだな、と解析するのに役立ちます。何れにしてもマイナー系はIIφ-V7とみなして特に問題はありません。

マイナー系 II-V-I のポイント

各コードを弾く際のポイントですが、IIφはb5の音が大変特徴的なので必ず鳴らすようにしましょう。V7はオルタードテンションを入れたほうがより一層マイナー感がでますが、V7がナチュラルテンションでもIIでb5を鳴らしていれば問題ありません。しかしb5を鳴らさない、前述したIIm7-V7-Im7などの進行では積極的にV7でオルタードテンションを鳴らす必要があります。ただしこれも基本的には奏者の自由です。メジャー系のIIm7-V7のサウンドなのにマイナーに解決、といった意外性を持たせることも可能です。