練習プログラム

かつてあるファンがArtie Shawに、自分は以前クラリネットをやっていたけれど才能がないのでやめたと打ち明けたところ、Shawは「1日8時間の練習を10年間続けた後、才能について君と話し合おう」と答えた有名な逸話があるようです。パーカーやコルトレーン、ロリンズもそのたゆまない努力でジャズジャイアンツとなったのは誰の目にも明らかです。

しかしながら現実問題として普通の社会人、つまりある決められた時間を生活のための労働に割り当てなければならない人達にとって、1日の3分の1の時間を楽器練習に充てることは物理的に不可能に近いものがあります。もちろん全く不可能ではありませんが、それを実行するためには尋常ではない動機が必要です。私を含め『とても普通の人々』(ベリーオーディナリーピープル)では、せいぜい60分か90分、ではないでしょうか。しかし決して悲観することはありません。パーキンソンの法則によれば、人は決められた時間内に作業を遂行することができるようです。つまり同じ仕事量でも、1時間内と決められれば1時間内に、3時間と決められれば3時間内に終わらせるようにできる、ということです。また時間はたくさんあればそれだけ量質ともにベストな仕事ができるわけではありません。時間に余裕のある学生よりも、忙しい社会人の方が難関な資格などを取得している例もたくさんあることをご存知の方も多いと思います。要するに時間は『コントロール』することができるということです。

ページ内リンク|プランの立て方

▶︎動画練習プログラム#1で確認。

練習時間60分〜90分のプログラム

ここではジャズピアノ練習プログラムと題して、少ない時間でいかに効率良く練習し、最大限の結果を出すかを目指して考察してみます。対象はピアノはある程度弾けるジャズ初心者です。上級者についてはプログラムを立てる必要はありません。なぜなら上級者はもう自分のプログラムが身についており、毎日歯を磨くことと同じように意識しなくても良いのですから!

時間は60分ないしは90分とします。自分の生活スタイルに合わせて選んでください。また練習前に指と前腕のストレッチを行っておくと指の動きがスムーズになりますのでオススメします。

導入10分
ハノンなどで指の訓練。1〜10までのうち1と2は必須。あと1つ苦手なものを追加。
和音20分*
コードの練習。II-V-IのAフォーム、Bフォームを練習。右手と左手で。慣れてきたら全てのキーで。Dm-G7-C-Cm-F7-Bb-Bbmという進行でやり、Em-A7-Dの次はEbm-Ab7-Db-Dbm-Gb7-Bとする。最後のII-V-IはFm-Bb7-Ebで終了。
*左手のAフォーム、Bフォームを中心に練習します。それが十分にできるようになってから右手でスケールなどを練習します(総合10分)。

▶︎動画II-V-I教材を用いた練習法で確認。

スケール20分
右手のみでメジャースケール、C,F,Bb,Ebなどのキーで。慣れてきたら全てのキーで。
総合10分 
左手でII-V-Iの和音を弾きながら、それぞれのコードに対応したスケール(モード)を弾く。おすすめテキストはジェイミーのII/V7/I Progression。連続して全てのキーのII-V-Iの伴奏が流れるので、それに合わせて即座に反応することができればかなりの効果が期待できます。II-V-I練習としてはベストセラー本です。

解説

練習時間は各人の技量に応じて変化させても構いませんが、ダラけることの無いように集中しましょう。

プラン(計画)の立て方

以下、上記を参考に自分でプランを立てる際のポイントです。

目標設定は大雑把に

年単位で良いので自分の目標を立てましょう。例えば来年のクリスマスは家族の前でジャズっぽいクリスマスソングを弾きたい、ジャムセッションに参加して1曲だけでも弾きたい、自分のために1曲仕上げたいなど。

細かい目標設定

大雑把な目標を達成するために必要なことを1つ1つクリアしていきます。例えばクリスマスソングを弾きたい、ならば、まずテーマを単音で弾けるようになること、左手でコードを弾けるようになること、両手で弾けるようになること、そしてコードのスケールを弾ける、メロディをフェイクしたフレーズを弾ける、アドリブっぽいものを弾く、etcなど課題は山ほどあります。自分自身の現在のレベルに応じて課題をクリアしいきましょう。

一度に全てやらない

ジャズはやり始めるとやることがたくさん出てきます。特にピアノはピアノソロ、バッキング、アドリブソロ、イントロ、エンディングなどたくさんです。しかし焦らずに1つ1つのことに集中して練習してください。1週間かけてジャズの曲のテーマを弾く練習だけでもよいと思います。そのために養われた運指、筋力、神経などはその後色々な場所で応用できます。

教則本をやりきる

練習に教則本はつきものですが、あれこれ手を出さずに1冊をやりきることが重要という話はよく聞きます。確かに『やりきった』という達成感は大いにあり、ある種の自信にも繋がっています。私がやりきったと思える参考書はIntro to Blues Pianoデイブリミナ氏のDVDですが、問題なのは良い教則本は個人個人異なるということで、自分にとって最良のテキストに出会うまではある程度書籍を購入する必要があります。しかし、たくさんの教則本をつまみ食いしても無駄にはなりませんので当サイトのBookで紹介しているものを中心に検討するのもよいと思います。

PAGE TOP