Rhythm Training

なぜジャズが好きかと聞かれて「軽快なノリ」「スィングするリズム」と答える人は多くいると思います。中には「コードの響き」、「フレーズがカッコいいから」と答える人もいます(実際に演奏している方に多い回答)。ジャズはリズムが心地よいというのは間違いないと思いますが、その源になっているのが「3で感じる」つまり「時間の流れを3分割する」という独特のリズム感です。

ジャズのリズム

triplet

3連符はジャズのもっとも基本的なリズムです。例えば8分音符を弾く場合でも3連符の真ん中(上図のe)を抜いた感じで弾きます。ただしこのまま弾いてしまうと、ダッダダッダダッダとハネてしまいます。よって、左図のtriplet002ように最初の音に重さを与え、ダーダダーダダーダという、ネットリとして引きずる感じで弾くように練習します。これは音符や言葉では表現しづらい部分であること、またそのプレイヤーの個性が出やすい部分であるため、ウィントンケリーホレスシルバーレッドガーランドなどのバップ期を代表とするアーティスをよく聴き雰囲気をつかんでください。

解説

かつて譜読みがパーフェクトな音大出の方にウィントン・ケリーの枯葉をコピー譜どおりに弾いてもらったことがあります。メロディーやアドリブなどは譜面どおりなのでウィントンケリーの弾いているものと違いはありませんが、そこで奏でられていたものはジャズとは全く無縁の代物でした。ジャズは音符では無くノリが大切だと痛感した瞬間でした。

バックビートを身につけよう

はじめにメトロノームはジャンルに限らず音楽の練習には欠かせないものですので是非利用してください。

まずテンポ60に合わせます。これは60BPM(beat per minutes)と呼ばれ、1分間に60回音がなる、つまり1秒で1回鳴る設定になります。「コチッコチッコチッコチッ」なら4秒ということになります。数字で表すと「1,2,3,4」となりますが、この1と3をダウンビート、2と4をバックビートと呼び、ジャズやR&Bなど欧米の音楽のほとんどがバックビートにリズムの核を置いています。よってジャズの練習では2拍と4拍だけ鳴らす習慣をつけるとよいかと思います。

具体例)コチ、コチと鳴る音を『にー、よん、にー、よん』と体を揺らしながら声に出します。そしてリズムに乗ってきたら『いち、..、さん、..』と1と3を声に出します。ちなみにテンポ60で設定した場合、実際はその倍の120で設定した拍の長さと同じになります(0.5秒)

慣れたら日々の練習に、またはジャズの曲をバックビートで演奏します。これは案外難しいですがジャズを演奏する上で欠かせない技術なので是非頑張ってください。

解説

ロックでもポップスでもジャズでもライブ中に観客からの手拍子が始まることがあります。最初はダウンビートで鳴らす人とバックビートで鳴らす人が混在していますが、そのうち皆、バックビートで鳴らすようになります。やはりヒトが心地よいと思うノリというのは自然にバックビートになるものだなと感じる瞬間です。