Jazz Chord

ジャズで用いるコード(和音)はトライアド(3和音)を基本にセブンスノートを加えた4和音、更にエクステンション(以下テンション)を加えて広がりをもたせたものなど様々です。ここでは基本コードを紹介します。またコードの覚え方ですが、形から覚える方法、モードスケールから作成する方法などがあります。動画ではモードスケールから作成する方法を提案しています。可能ならば先にモードについて一読しておくことをお勧めします。

予備知識

ジャズでは音名はアルファベット、度数は数字で表記します。

音名
イタリア ドレミファソラシ
アメリカ C D E F G A B
日本ハニホヘトイロ
度数1 2 3 4 5 6 7

音程

ある音から、それより高い音がどれだけ離れているかを度(ディグリー)で表記します。例えばドの音を基準に考えると、ミ=3度、ソ=5度、シ=7度となり、さらにオクターブを超えて数えることができます。ジャズでは13度までを使用します。また基準音を根音(ルート)と呼びます。

度数において2度と9度、6度と13度、4度と11度はオクターブ違いの同じ音ですが、9度、13度、11度の表記がよく使われます。

トライアド

3つの音から成るコードをトライアドと呼び、これが各種コードの最も基本的な形になります。まずはしっかりと学習しましょう。

メジャートライアド

ルートを基準に長3度、完全5度の組み合わせをメジャートライアドと呼び、例えばドミソはCトライアドで、記号はCやCΔです。よって譜面上にCと書かれていたら、音符として書かれてなくてもドミソを弾いて下さいという意味があります。

C

モードスケールで考えると、メジャートライアドはアイオニアンスケール(メジャースケール)の1,3,5の音で構成される和音となります。

マイナートライアド

マイナートライアドは先ほどのドミソのミを半音下げたものです。短3度と完全5度の組み合わせです。響きが暗くなったと思います。記号はCmやC−です。

Cm

モードスケールで考えると、マイナートライアドはドリアンスケール(フリジアン、エオリアンも可能)の1,3,5の音で構成される和音となります。

オーギュメントトライアド

メジャートライアドの5度の音を半音上げたもの(短6度)をオーギュメントトライアドと呼びます。記号はaugで、例えばCならCaugと表記されます。やや特殊なコードです。

Caug

セブンスコード

トライアドに7度の音を加えたものをセブンスコードと呼びます。加える7度は長7度か短7度ですが、3度との組み合わせでそのコードの特性が大きく変わります。セブンスコードにおいて大切なことは、この3度と7度の組み合わせがそのコードの核となることで、逆に言えば3度と7度の2音だけでそのコードの性質を表すことが可能です。この知識は他の奏者のバッキング(伴奏)で役に立ちます。

メジャーセブンスコード

Cトライアドに長7度であるBの音を加えるとCメジャーセブンスコードになります。記号はCM7やCΔ7になります。このコードはルート、長3度、完全5度、長7度から構成されます。またアイオニアンスケール(メジャースケール)の1,3,5,7の音と考えることもできます。

CM7

マイナーセブンスコード

Cマイナートライアドに短7度であるBbを加えるとCマイナーセブンスコードになります。記号はCm7やC-7です。このコードはルート、短3度、完全5度、短7度から構成されます。またドリアンスケール(フリジアン、エオリアンも可能)の1,3,5,7の音と考えることもできます。

Cm7

ドミナントセブンスコード

Cメジャートライアドに短7度であるBbを加えるとドミナントセブンスコードになります。記号はC7です。このコードはルート、長3度、完全5度、短7度から構成されます。またミクソリディアンスケールの1,3,5,7の音と考えることもできます。

C7

このコードは、その4度上に解決する性質があり、これをドミナント進行と呼びます。ジャズの多くの曲がこのコード進行で構成されるため、ドミナントセブンスコードと呼んでいるのですが、ドミナントしないこともあり、その場合はノンドミナントセブンスコードと呼んでいます。ただこれでは少しややこしいので、実践的にはシンプルにセブンスコードと呼ぶことが多いです。とにかく○セブンスコードを見たら『何か意味があるかも』と思うようにしましょう。

ハーフディミニッシュコード

別名マイナーセブンフラットファイブコードと呼ばれ、マイナーセブンスコードの5度の音を半音下げたものになります。表記はø7、m7b5やm7-5などです。主にマイナー系II-V-IのIIで使われます。また機能的にこのコードはドミナントセブンスコードの代理として使われることもあります。例えばG7の代理としてBø7など。これは構成音が似ていることが理由です。このコードはルート、短3度、減5度(増4度)、短7度から構成されます。またロクリアンスケールの1,3,5,7で構成されます。

Cø7

ディミニッシュセブンスコード

開始音(ルート)から短3度づつ音を積み上げたコードをディミニッシュコードと呼びます。記号はdimで例えばCdimならC-Eb-Gb-Aです。Aの短3度はCなのでこの4つの音はループすることになります。よってCdim,Ebdim,Gbdim,Adimは全て構成音が同じとなります。

またこのコードはディミニッシュスケールの1,3,5,7から構成されます。

Cdim7

サスコード

susコードはドミナントセブンスコードの完全3度を完全4度にしたものです。よってこのコードはルート、完全4度、完全5度、短7度から構成されます。

Csus7

SUSコードはその浮遊感が特徴的で、Dolphin Dnaceなどはこのコードが多用されています。注意点としては3度は鳴らさないということがあるのですが、susコードのトップの音を3度にすると独特のサウンドが得られることがあります。

テンションコード

1357の構成音にさらに音を加えることができます。これらの音をテンションノートと呼びます。ただしどんな音でも自由に使える訳ではなく、そのハーモニーから使えるテンションノートはコードの種類によって決まっています。

コード使えるテンション
メジャー6, 9, #11
マイナー9, 11, 13
ドミナントセブンス9, b9, #9, 13, b13, 11, #11など

テンションコードを上手く使えるようになるには、とにかく弾いてみる、ことに尽きます。最初は使えるテンションをひとつずつ試してみて、それから2つ3つの組み合わせを同時に鳴らしてみるなど。テンションコードは音符にすると複雑なので、譜面で覚えるのは大変です。コードはとにかく実際に弾いてみること、それからそのサウンドを肌で感じること、この2点を練習に取り入れてみて下さい。またAフォームBフォームを覚えるとすぐにテンションを使うことができます。是非試してみて下さい。

PAGE TOP