練習プログラム

かつてあるファンがArtie Shawに、自分は以前クラリネットをやっていたけれど才能がないのでやめたと打ち明けたところ、Shawは「1日8時間の練習を10年間続けた後、才能について君と話し合おう」と答えた有名な逸話があるようです。パーカーやコルトレーン、ロリンズもそのたゆまない努力でジャズジャイアンツとなったのは誰の目にも明らかです。

しかしながら現実問題として普通の社会人、つまりある決められた時間を生活のための労働に割り当てなければならない人達にとって、1日の3分の1の時間を楽器練習に充てることは物理的に不可能に近いものがあります。もちろん全く不可能ではありませんが、それを実行するためには尋常ではない動機が必要です。私を含め『とても普通の人々』(ベリーオーディナリーピープル)では、せいぜい60分か90分、ではないでしょうか。

決して悲観することはありません。パーキンソンの法則によれば、人は決められた時間内に作業を遂行することができるようです。つまり同じ仕事量でも、1時間内と決められれば1時間内に、3時間と決められれば3時間内に終わらせるようにできる、ということです。また時間はたくさんあればそれだけ量質ともにベストな仕事ができるわけではありません。時間に余裕のある学生よりも、忙しい社会人の方が難関な資格などを取得している例もたくさんあることをご存知の方も多いと思います。要するに時間は『コントロール』することができるということです。

ここではジャズピアノ練習プログラムの立て方を考えてみたいと思います。少ない時間でいかに効率良く練習し、最大限の結果を出すかを目指して考察してみます。訓練プログラムはビギナー、インターミディエイト(中級者)に分けて考えます。上級者についてはプログラムを立てる必要はありません。なぜなら上級者はもう自分のプログラムが身についており、毎日歯を磨くことと同じように意識しなくても良いのですから!

時間は60分ないしは90分とします。自分の生活スタイルに合わせて選んでください。 共通点として、事前に指と前腕のストレッチを行っておくと仕上がりが全然違いますのでオススメします。

ビギナー(初心者メニュー)