Locrian Scale

ロクリアンスケールはあるルートのメジャー7の音から始まる音階になります。ルートの半音下からそのルートのメジャースケールを弾けばロクリアンになります。

例)ドレミファソラシドをシから始めた音階。シドレミファソラシ。

ダイアトニックコード上ではロクリアンはm7-5で使えるスケールとなります。よってあるキーの楽曲の中で、そのキーのm7-5があれば、そこでは特に意識しなくてもそのキーのメジャースケールを弾いてよいことになります。

例)キーがCの曲中にBm7-5があったら、Cメジャースケールを弾くような感じで弾く。

ロクリアン#9

ロクリアンスケールの2度の音を半音上げたものがロクリアン#9というスケールとなります。

例)ドレミファソラシドをシから始めてドを半音上げる。シド#レミファソラシ。

スケールの知識がついてくるとこの音階はDのメロディックマイナーと同じです。よってある音の短三度上のメロディックマイナーが、その音のロクリアン#9と覚えるとよいと思います。