RULES

音楽にはそのジャンルに応じたルールがあります。クラシックなら何々楽章、フラメンコなら決められたリズム、ポップスならサビやエンディングなどなど。ジャズにも独特のルールがあります。

全体の構成

テーマ(その原曲のメロディ)→  アドリブ(各奏者が順番にアドリブに入る)→ 4バースまたは8バース(4小節ごとまたは8小節ごとに奏者が交代する) テーマ(再び原曲のメロディに戻る)→

エンディング(特に決まりはないが最後の4小節を繰り返すことが多い)

これが通常のジャズの流れになります。詳しくは用語集も参考にしてください。またジャズセッションのルールはとてもよく書かれた本です。

ジャズのテーマは通常フロントといわれる楽器(例えばサックスなどの管楽器)が演奏し、そのまま次のコーラスでアドリブをとり、その後他の奏者(ギター、ピアノ、ベースなど)へと順番が回ってきます。

実例

カルテット(4人編成):サックス、ピアノ、ベース、ドラム

管楽器 → ピアノ → ベース → ドラムの順番

 

クインテット(5人編成):サックス、ギター、ピアノ、ベース、ドラム

管楽器 → ギター → ピアノ → ベース → ドラム (管楽器より先にギターがソロをとることもある) ちなみにギターとピアノはリズムセクションに含まれます。

コーラスとは

コーラスとはその曲の始めから終わりまでを指し、アドリブはコーラス単位で演奏されます。プレーヤーの会話。例:「この曲はスローバラードだからソロは各パート1コーラスにしよう」、「結構長いコーラス弾いてたね」、「がんばって2コーラスはアドリブとらないと」など。基本的に何コーラスアドリブをしても問題はありません。

コーラス感覚を身につける

アドリブ演奏中に今自分がどの場所を弾いているかわからなくなることを『ロストする』と言いますが、初心者またはその曲に慣れていない、サビがわかりにくい曲などで頻繁に起こります。

ロストはしないにこしたことはありませんが、万が一ロストしても他の奏者が正確なコーラス感覚を持っているとまた本線に戻ってくることが可能です。しかしこれはサックスなどリード楽器に当てはまり、ピアノなどのリズムセクションはどちらかというと『正確なコーラス感覚を持っている』必要があります。恐らくピアノがロストすると演奏が崩壊する可能性はとても大きくなります。

ロストしない方法はただ1つ、CDなどでその曲を良く聞いて、理解して、親しくなり、コーラス感覚を身に付けることです。カラオケのマイナスワンなどはとても有効です。そして練習などでは必ずテーマ - アドリブ - テーマとアドリブ1コーラスは弾ききる癖をつけましょう。アドリブは上手く出来なくても構いません。重要なのはジャズの曲の小節感覚(通常32小節)とコーラス感覚を身につけることです。それは頭で覚えるというよりも、いわば空気の流れのようなもので、プレイヤーは誰しもこの空気感を持ちステージに立っています。そのため、たとえ他の奏者のアドリブが長く、原曲と大きく離れたアドリブをとってとしても、時にドラムソロでめちゃくちゃにスネアやシンバルを叩いていたとしても、プレーヤーはその曲の流れを見失う事はありません。

1人で練習していてもアドリブに入った瞬間から何も出来ずイヤになり、途中で止めてしまうか、ある特定の小節の部分だけ単独で練習すると、コーラス感覚が身に付きません。一旦コーラス感覚が身につけば、演奏中、数小節間何も弾かないことがあっても、いつでも自分の希望の場所へ着地できます。

ジャズを聴く

これらのことを頭に入れた後で、ジャズを聴いてみてください。ピアノトリオのスタンダード曲が分かりやすくてよいでしょう。どこでテーマが終わったか、最初のアドリブは誰がとったか、何コーラスとったかなど意識して聴いてみます。とても勉強になりますよ。

ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ