Half Diminished Chord

ハーフディミニッシュ(セブンス)コード(ø)は別名マイナーセブンスフラットファイブコードと呼ばれ、表記ではø7、m7b5やm7-5などが使われます。以下ø7として解説します。

どのように使われるか

ø7が使われる状況は多々あります。VIIø7、IIø7、VIø7、などがありますが、よく使われるのはIIø7です。IIø7の理論的根拠を説明するためにはダイアトニックコードについて考える必要がありますが、こちらを参考にしてください。IIø7はマイナーのダイアトニックコード内に存在します。

ものすごく話を簡単にすると、このIIø7はマイナーコードへ解決するII-V-IのIIで使われます。枯葉はとても良い例です。サビの部分でAm7b5 - D7 - Gmという進行がみられます。Am7b5はGmにとってはII度のコードです。

ヴォイシング

ø7のヴォイシングはいたってシンプルです。普通のマイナーセブンスコードの5度の音を半音下げるとø7となります。もともとマイナーコードの響きは暗いのですが、ø7はさらに哀愁が漂います。5度のフラットはブルーススケールにも存在する、いわゆるブルーノートとよばれる音なので、そう感じるのかもしれません。

USTを用いたヴォイシング

先ほども説明したように、ø7のヴォイシングはいたってシンプルです。しかし、実践としては意外と押さえにくいコードでもあります。そんなときには短三度上のマイナートライアドを乗せる、というUSTの考え方が便利かもしれません。枯葉のAø7の構成音はA C Eb Gですが、これはルートAの上にC Eb Gの短三和音が乗っていることと同じです。

ø7に使えるテンション

ø7コードには9と11が使えます。9のテンションは先ほどのUSTの考えでいくと、短三度上のmΔ7コードを乗せると9を含んだサウンドとなります。11はルートから増四度上のaugM7コードを乗せるとサウンドします。かなりややこしくなりますので、テンションについてはUSTの考え方にとらわれる必要はないと思います。

コード 構成音
Aø7 A . C . Eb. G
Aø7(9) A . C . Eb . G . B
Aø7(9 11) A . C . Eb . G . B . D

表の色のついているところがUSTになります。

独特であり必要な音

私はコードを覚えたての頃はこのb5を無視して、通常のマイナーを押さえていました。理由は簡単で、マイナーコードのほうが押さえ慣れていたからです。ジャズは自由な音楽なんだから縛られたくない、それにどっちでも一緒でしょ、という安易な考えがあったのは事実です。しかしジャムセッションに行ったとき、やたらと耳の良いサックスおじさんに「そこはしっかりハーフディミニッシュ鳴らしてね」と演奏中に耳打ちされました。当たり前です。マイナーコードなのかハーフィディミニッシュなのかでアドリブの元となるスケールが変わってきます。せっかく気持ちよくアドリブしようとしているのに、伴奏がおかしければかなりストレスになるでしょう。それからはきちんとハーフディミニッシュを押さえるようになりました。USTの考え方に出会ったのはそれからずいぶん後のことです。

TPOをわきまえて

レストランのドレスコードみたいな話ですが、テンションは時と場所、つまり曲の雰囲気を考えて入れる必要があります。シンプルなメロディーにシンプルなコードから構成される曲、例えばジョンレノンのイマジンなどの伴奏でテンション入れまくりはやはり変です。ジャズでも曲によってはテンションは控えた方が良いものもあります。このあたりは自分のセンス、そして共演者の求めているものを考えて調整できるようになりましょう。