課題曲:There will never be another you

あなたなしでは

Harry Warren作曲、Mack Gordon作詞のミュージカルIceland (1942) のために書かれた曲です。第二次世界大戦中でした。

アナザーユー、としてジャムセッションなどでも頻繁に演奏される曲です。参考音源はこちらを参考にしてください。途中調性が変わることを除けば、素直な一発スケールで弾ける曲でもあるのでチャレンジしてみて下さい。

コード進行

キーは変ホ長調(Ebメジャー)です。

EbM EbM G7
Cm7 (F7) Bbm7 Eb7

最初の2小節はEbメジャースケール(Ebイオニアン)で弾けます。3-4小節は5小節目Cm7にむけてのII-Vと考えます。よってDøではDロクリアン#2(Fメロディックマイナー)かシンプルにDロクリアンで弾くかです。DロクリアンはEbメジャースケールのDから始めた音階と同じなので、1〜3小節までEbメジャースケールで弾ききるのもありかと思います。G7は色々なセブンススケールが使えますが、オルタードかHp5below(Cハーモニックマイナー)で良いと思います。

5〜6小節では、メロディがBbメジャースケールになっているので、Cm7はCドリアン、F7はFミクソリディアンが素直で良いと思います。要するにBbメジャースケール1発です。F7の代わりにCm7となっている譜面もあります。残りの7〜8小節は9小節目のAbMへのII-Vと考えるので、これもシンプルにAbメジャースケール1発で考えます。

AbM Db7#11 EbM Cm7
F7 F7 Fm7 Bb7

9小節目はAbメジャースケールです。10小節目が少しややこしですが、結論としてはDbリディアン7thスケール(Abメロディックマイナー)です。メジャーキーの中で出てくるbVII7にはリディアン7thがよく使われます。Abm7-Db7やFø-Bb7と書かれた譜面もあります。これらはサブドミナントマイナーですが、Abm7でドリアンを使うと、テーマメロディのGナチュラルの音の説明がつかなくなります。よってこの場合もAbメロディックマイナーがベストとなります。譜面がFø-Bb7とあるなら、なおさらAbメロディックマイナーです。なぜならFøでAbメロディックマイナーを弾くと、Fロクリアン#2という立派なスケールになるからです。11〜12小節目はEbメジャースケール、13〜14小節目はFミクソリディアン、15〜16小節目はEbへのII-Vです。

AbM Db7#11 EbM Aø D7
Gm7 Ab7 Gm7 C7 Fm7 Bb7 Eb6

ラスト8小節のみ説明しますが、28小節目、Aø D7のGmへのII-Vを除いて、基本的にはEbメジャースケール1発で問題ないと思います。Aø D7を枯葉で練習したGハーモニックマイナーで弾くと良いと思います。さらに29小節目のAb7はD7の代理と考え、30小節目頭のGmへのドミナントとしてDオルタードなど弾くと良いと思います。