課題曲:If I should lose you

あなたなしでは

Ralph Rainger作曲、Leo Robin作詞の映画Rose of the Rancho (1936) のために書かれた曲です。アメリカの開拓時代、スペイン人との争いとロマンスを描いた作品です。

ほとんど枯葉と同じコードが使われているため、ステップアップにはもってこいの曲です。参考音源はIf I Should Lose You - Hank Mobleyを参考にしてください。

コード進行

キーはGm(Bbメジャー)です。

Gm Am/D7 Gm Fm/Bb7
Eb Fm/Bb7 Eb Eb

最初の3小節目まではBbメジャースケールで弾けます。しかし雰囲気はGマイナーキーのため、Gのハーモニックマイナーを積極的に使っていきましょう。覚え方はBbメジャースケール上のFを半音上げてF#にして弾いてみてください。4小節からキーがEbへ一時転調しますが、メロディーの中でF#の音が使われているため、ここでもF#の音を使えます。EbメジャースケールのうちやはりFを半音上げてF#にしてみましょう。

Cm F7 Bb Am/D7
Gm C7 Gm/C7 Am/D7

いよいよ枯葉らしくなってきました(笑。お馴染みのCm-F7-Bbです。枯葉で練習したリックなどを思う存分使って下さい、と言いたいところなのですが、Bbのコードは要注意です。メロディーにEナチュラルの音が含まれているため、スケール上はBbリディアンスケール、つまりFメジャースケールのBbから始まる音階、もっとシンプルに言うとBbの黒鍵以外あとは全て白鍵のスケールです。このEナチュラル音を入れるだけでものすごく雰囲気が変わります。

ちなみに枯葉を弾きすぎるとBbのコードの後、反射的にEbのコードへ手が移動しますので、頑張って調整してください。