Altered Scale

オルタードスケールはジャズのスケールの中で1、2位を争うほど有名なスケールです。主としてテンションを含む7thコードに対して使うことができます。オルタードとは『変化する』という意味ですが、これはミクソリディアンスケールを変化させたということになります。

オルタードスケール(下段はCオルタード)

1 b9 #9 3 #11 b13 b7
C Db D# E F# Ab Bb

オルタードの実用にはジャズフレーズハンドブック実用アドリブハンドブックジャズフレーズ集 をはじめとして様々な良書がありますので参考にしてください。有名なスケールですが、使いこなすにはやはり時間がかかります。

メロディックマイナーとの関係

あるコードのオルタードスケールはそのコードの半音上のメロディックマイナースケールと同じになります。

Dbオルタードスケール

Db D E F G A B

Dメロディックマイナースケール(Dbの半音上)

D E F G A B Db

この例だとDbオルタードはDbの音以外は全て白鍵となります。この関係、上手く使えばオルタードスケールを覚えやすくなるでしょう。