LYDIAN 7TH

リディアン7thスケールはメロディックマイナースケールの4番目の音から始まる音階になります。メロディックマイナースケールのダイアトニック上では4番目の音は4度セブンスとなります。こちらも参考にしてください。

リディアン7thは主にドミナント進行しないセブンスコードで使われます。大抵はbII7かII7、またはサブドミナントマイナーの代理であるbVII7です。

キーCの例)Dm7 - Db7 - C のときのDb7

この例のDb7はG7の裏コードです。Db7が4度であるのはAbなので、Abメロディックマイナースケールを弾けばDb7リディアン7thスケールとなります。ちなみにAbメロディックマイナースケールはG7オルタードと同じですね。結局Db7ではG7のオルタードを弾けば良いことになります。なんだかだまされた気分ですが、この事実を知っておくことは大事だと思います。次はII7です。これは少しややこしいです。

キーCの例)C - D7 - Dm7 - Cの時のD7

この場合のD7はドミナント進行しません。D7の後にG7などがあればD7ではオルタードを使ったりできるのですが、D7のあとはDm7となっています。このD7はリディアン7thがよさそうです。Dを4度に持つスケールはAのメロディックマイナーとなります。よってAのメロディックマイナースケールを弾けば良いことになります。そしてAメロディックマイナーはキーCの平行調のマイナースケールのひとつです。調性から大きく外れているわけではないことも知っておきましょう。

キーCの例)C - F - Fm7 - Bb7 - Cの時のBb7

この場合はFm7でFドリアン、Bb7ではBbリディアン7thつまり、Fメロディックマイナーを弾きましょう。面倒ならばすべてFメロディックマイナーでもかまいませんが、その場合はFm7の左手の和音でEbを弾かないように気をつけましょう。Fm7 - Bb7の組み合わせは一時的にマイナー調への転調と考えることもできるので、その場合はドリアン−ミクソリディアンとなります。このあたりは曲の雰囲気次第です。