Kindle de Jazz

ご存知の方も多いと思いますが、アマゾンの電子書籍端末

kindleはAmazon電子書籍専用の端末なので、読みたい本は全てAmazonからダウンロードすることになります。蔵書数は数十万に及びますが、実はジャズ教則本が割と充実しているのをご存知ですか。

洋書なのが問題、けれども

残念ながら日本語のジャズ教則本はほとんどありません(ジャズギターの教則本はやたらありますが)。しかし洋書のジャズ教則本は有名どころが充実しています。特にMark levin著のザ・ジャズ・セオリーなど、ツボを突く良書があるのには驚きました。ペーパー版では日本語訳されているものがあるのですが、電子書籍では英語のみとなっています。しかし英文はとても読みやすく、難しくありません。それに音楽書籍は文書だけではなく、譜面やコードをみることで大概のことは理解できます。

むしろ洋書を読むなら電子書籍が良い

Kindleの優れている点は充実の辞書機能です。分からない単語をタッチするだけで即座に訳してくれます。これは実際に使ってみると分かりますが、洋書読書が恐ろしく捗ります。英語を読み慣れていない方ならなおさら洋書のジャズ教則本はKindleをおすすめします。

価格が安い

数年前に比べ紙本との価格差が小さくなっていますが、それでも紙に比べKindle本は2割ぐらい安く買えます。ジャズの本などは高額なものが多い為、大量に購入する場合は検討する余地はあります。

紙の方がいいのでは

紙は最強です。古代エジプトのパピルスに代表されるように、まず歴史が違います。しかし電子書籍の最大の強みは優れた検索機能です。特にジャズをやっているとき、「あ、あのコード進行はどうだったかな」「マッコイタイナーのあのフレーズについて解説してあるのは何ページだったっけ」などということが、少なくとも私は、多々あります。そんな時Kindleなら「McCoy Tyner」と打ち込むだけでフレーズを解説している場所へ即座に移動してくれます。笑ってしまうぐらい便利です。その他しおりに似たブックマーク機能、また電子書籍の多くは目次のページから各章へリンクが貼られているので、目次をタップするだけで該当ページへ簡単に移動できます。小説と違い何度も読み返す教則本・理論書は簡単に内容検索できる電子書籍のほうが良いと私は考えています。

おすすめセット

まずはKindle Paperwhiteを購入

KindleはiPhoneやiPadにKindle for iPhone and iPadというアプリがあります。アプリ自体は無料なので興味のある方はまずはそこから始めてみると良いでしょう。これらの書籍の無料サンプルもあります。しかし、読みやすさ、目の疲れにくさではやはり本家のKindleの購入がおすすめです。