EAR TRAINING 03

PREV |

実践編

曲を選んだらとにかくそれを何回も聴きましょう。何回も何回もです。それでその演奏が頭に染み込んでくるとだんだん気になるフレーズが出てきます。それらをコピーします。

ただ、最初のうちはテーマに戻る直前のコードで弾かれるピックアップフレーズをコピーすると、色々応用がきくので便利です。そして大抵それらはドミナントセブンスコードであるため、使われるスケールもオルタードなど予測が立てやすいです。

細部にとらわれすぎない

まだ若かった頃ですが、行きつけの楽器屋さんにとてもギターの上手い方がいて、お客さんがギターを欲しそうにしているとサラッと模範演奏をして購買意欲を見事に刺激していました。話をする機会があったので、そういうフレーズやリフはどこから学んだのか?と尋ねると、レコードやラジオなどから聴いたかっこいいフレーズの雰囲気を真似るだけだという答えが返ってきました。丸コピーではなくあくまで雰囲気を真似るだけだと。この考え方は抽象的で掴み所がありませんが、なぜか人を惹きつける演奏の本質的なものを捉えている気がします。

分析する

可能ならばコピーしたフレーズを分析して自分流に使いこなしてみましょう。そのためにはやはりある程度の楽典の知識は必要となります。

最後に

私は20年に渡り耳コピをしていますが、効果の即効性を感じたことはほとんどありません。それでも趣味なのでコツコツ続けています。みなさんも焦らずに頑張ってみてください。