Diatonic Chord

ダイアトニックスケールの各音を積み上げていったものがダイアトニックコードです。メジャーと3種類のマイナーがあります。出来上がるコードは下の表になります。Mはメジャー、nmはナチュラルマイナー、hmはハーモニックマイナー、mmはメロディックマイナーです。

M IM7 IIm7 IIIm7 IVM7 V7 VIm7 VIIø7
nm Im7 IIø7 bIIIM7 IVm7 Vm7 bVIM7 bVII7
hm ImM7 IIø7 bIIIM7+ IVm7 V7 bVIM7 VII○
mm ImM7 IIm7 bIIIM7+ IV7 V7 VIø7 VIIø7

Cを例にとってみます。Cはハ長調です。調号は付きません。鍵盤上では白鍵のみの音階になります。

この白鍵のみの音階で和音を構成したものがCメジャーダイアトニックコードとなります。

C Major Diatonic Chord

M CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bø7

マイナーダイアトニックは3種類あります。これはマイナースケールが3種類あるためです。それぞれナチュラルマイナー(自然的短音階)、ハーモニックマイナー(和声的短音階)、メロディックマイナー(旋律的短音階)が作りだす和音となります。

話を簡単にすると、ナチュラルマイナーでは3度と6度と7度が♭します。ハーモニックマイナーでは3度と6度が♭します。そしてメロディックマイナーでは3度のみが♭します。これを頭に入れておけば音階はある程度簡単に理解できます。しかし和音となると少々ややこしいですが、一度頭に入るとそれほどでもありません。時間をかけてゆっくりと学んでいってください。

C Minor Diatonic Chord

nm Cm7 Dø7 EbM7 Fm7 Gm7 AbM7 Bb7
hm CmM7 Dø7 EbM7+ Fm7 G7 AbM7 B○
mm CmM7 Dm7 EbM7+ F7 G7 Aø7 Bø7

以下にメジャーダイアトニックコードと3種類のマイナーダイアトニックコードを表にして載せておきます。調べたいキーを押してください。