練習に役立つ小物たち

使えればなんでもいい、のは事実ですがお気に入りのマイアイテムを見つけるのもまた楽しいものです。

リズム系

思い出してみるとジャズをはじめて一番最初に購入したメトロノームがこれでした。今は壊れてしまっていますが大事に仕舞ってあります。音質をはじめとして機能としての問題は全くありません。こういうレトロな感じが好きな方にはモチベーションが上がると思います。

クリック音とともにLEDライトが点滅するため、消音時でも使えるのが非常に良いです。今でも大切に使っています。

この一つ前のモデルを大事に使っていますが、ニューモデルでは視認性が向上しています。テンポの設定もアナログなので非常に使いやすいです。

ドラマー御用達のTAMAのメトロノーム。ジャズギターに明け暮れていた頃使っていました。こちらはニューモデルですが、三連符などの設定もでき、本格的にリズムを学びたい方にはお勧めです。

メトロノームと違い実際のドラム音がサンプリングしてあります。ライブ感覚を養うにはこのようなドラムシュミレーション機器をおすすめします。こちらはコストパフォーマンスの高い製品だと思います。

かなり高級なドラムマシーンです。リズムパターンがたくさんあり、またスタート・ストップが足で可能という、まさにピアニストにもってこいの機能満載です。万人におすすめするわけではありませんが、少しでも興味があれば詳細を調べてみてください。

電子ピアノ系

とても有名なYamahaのCPシリーズの比較的手頃なバージョンです。17kgで88鍵のステージピアノとしては非常に軽い部類に入ります。そして何より木製鍵盤がピアニストの心をくすぐります。もちろん音も素晴らしいです。ぜひ店頭などで試奏してみて下さい。

電子ピアノ界のフェラーリと言っても過言ではないクラビアノードのステージピアノです。ヨーロピアン調の鍵盤とシックな音質は一度弾いたら病みつきになります。私はこれまでノードを4台使用してきました。製品のクオリティーもさることながらそのプライスにも驚きますが、購入して後悔したことはありません。こちらも店頭などでぜひ試してみてください。

こちらも長年耳コピ用の音取りで使っていました。機材の入れ替えのため手放してしまいましたが、価格に対して安っぽさがあまりなく、またスピーカー内蔵で隙間時間に手軽に使用できることは最大の利点です。

ポータビリティーに優れ、スピーカー内蔵なのでその場で音が出せます。私は旅先に持って行くこともあります。リズムも内蔵されており、ちょっとしたスケールの確認などには十分すぎる機能で。詳しくはブログ記事を読んでください。

CPシリーズの始まりとも言える名器、CP-80です。ミスチルの元キーボーディスト兼プロデューサーの小林武史さんが現役で使っていることでも有名です。池袋の楽器店で見つけた時、興奮して、我を忘れて試奏したのを覚えています。買う一歩手前で部屋に置くスペースがないことに気がつき諦めました。今でもその音、質感に憧れます。

レコーディング

10年以上にわたるジャズの練習で上達するために一つだけ確かなことがあるとすれば、自分の演奏は録音して後で聞いてみる、ことだと思います。録音はかつて敷居の高いものでしたが、今ではスマホのボイスレコーダーでも手軽に録音できます。しかし高性能レコーダーで録音した音質はCDクオリティーを超えており必ず新しい発見があると思います。

縁のない人には一生縁のないミキサーですが、もし必要な人がいればSoundCraftをおすすめします。

その他

練習している最中にテキストが閉じてしまって困るという方、特におすすめです。