RECOMMENDED BOOKS

ジャズを始めようと思って楽器店の音楽書籍コーナーに行ってみたものの、その数の多さに疲れてしまったことはありませんか。私はこれまで100冊近い教則本を購入してきました。しかし残念ながらそのうち半分以上は使い物にならない、いわゆる中高で使った教科書のようでした(笑。初心者であればあるほど最初に手にするの本や楽器は非常に大事で、今後の成長にも影響してきます。

ここで紹介するテキストはすべて私が実際に使用して効果があったものばかりです。テキストはできるだけ音源付きをお勧めしますが、ある程度上達してくればどちらでもよいと思います。

リスト

新刊・オススメ

練習前の指慣らしにハノンは必須ですが、ハノンそのもが初心者の方にはまずはこの本を、という感じです。カタカナ表記もあり丁寧に解説されています。

表紙からはカジュアルな印象を受けますが、中身は大事なポイントを網羅した内容で初心者の方には特にお勧めします。

久々にすごい本が出ました。厚みもすごいですが、内容がとにかく素晴らしいです。タイトル通りコード理論を理論的に理詰めで説明しています。基本的な内容から応用まで、コードについて基礎固めをしたい方必読書です。

ピアノそのものが初心者の方にお勧めします。なぜか小学生の頃を思い出しました。選曲はクラシックですが、ジャズ漬けになる前のバックグランド構築に良いと思います。

リングとじバージョンのハンディ版ですが、折り目をつけなくても開いてくれるのでストレスフリーで最高です。これから買う方も、もうすでに書籍版を持っている方にもオススメです。

ジャズギターシリーズなのですが、この本は楽器を選ばずに使えます。そうだよなーと納得できる内容が多くあり、アドリブ初心者の方には特にオススメです。

筆者がジャズを始めた時一番最初に使用したテキスト。旧版が廃版なので現在はこれしかありませんが、内容等違いはなく一度はやり通して欲しいです。サイト内説明

II-V-Iの進行に特化した教材。CD付で、ベースやドラムに合わせてII-V-Iが練習できます。

ジャズピアニストを志す全ての方必見。ジャムセッションでよく演奏される曲を題材にピアノの立ち回り方を説明しています。

楽典の知識が総合的に学べます。音源付きで通勤中にも耳で勉強できます。初学者やもう1度楽典を一から学びたい方にオススメです。

非常に評価の高い理論書ですがやや難解なため初心者の段階では買う必要はないと思います。ただし演奏に自信が出てきた頃に読むと効果抜群です。

ジャムセッションで演奏される曲を中心にテーマ、アドリブまで譜面で書かれています。模範演奏も収録されており、ジャズピアノとは何かを知りたい方にはオススメです。収録曲はこちら

かつて一世を風靡した歴史的名著です。まだ日本にジャズ理論が無かった頃、海外遠征組みの渡辺さんが帰国後書いた書です。最近は色々な理論書があり、かなりやさしく書かれているものも多くなりました。無理して買う必要はありませんが知っておいて損はありません。

アドリブフレーズが全てのキーで掲載されています。ストイックに淡々とフレーズ蓄積させたい人向きですが、初心者にはかなり難しいと思いますので中級レベルの方にオススメです。廃版書。

JAZZ基本楽譜

派手シャツがトレードマークの納さんの書籍。いわゆる『黒本』です。最近では青本よりもセッションで使われる機会が多いとか。ジャズスタンダード曲集の新しいバイブルになりそうな予感。コードの正確性と見やすさがとてもよい。収録曲目はこちら

名著スタンダードジャズバイブルに引き続き、新たな収録曲を増やした版です。意外にも有名なポップス曲などが収録されており、やはりジャズメンとしては持っておく一品だと思います。

いわゆる『青本』とよばれるものです。ただし、正確なコード進行の理解にはリアルブックやジャズスタンダードバイブルをお勧めします。状況に合わせて二、三冊他のスタンダード曲集を用いるとよいでしょう。

本来のコード進行を理解したい場合、リアルブックが必要になります。持っておいた方がよいと思います。青本と合わせて使いましょう

ジェイミー教材

ジェイミーマイナスワンシリーズの中で最も重要な一冊。ビギナー必修。

ジェイミーのスタンダード集おすすめ1。収録曲で買いましょう。

ジェイミーのスタンダード集おすすめ2。収録曲で買いましょう。

ジェイミーのスタンダード集おすすめ3。収録曲で買いましょう。

DVD教材

ある程度ピアノが弾ける方、弾けるようになった方はDVDでの練習もおすすめです。私は比較的早い段階でこれを買って練習しました。もちろん全部弾くことは到底できませんでしたが、いくつかのエッセンスを吸収することができました。特に著者デイヴ・リミナ氏の『どのような演奏レベルでも音楽的な表現は可能である』という言葉はいまでも私の座右の銘になっています。またDVD最後のファンクなデモ演奏でのトモ藤田氏(ギター)との共演はなんだか見ていて楽しい気分になれます。